山形鋳物・銅町の歴史

いまからおよそ900年前、平安時代の康平年間に安部貞任宗任の乱平定のため
源頼義が 山形地方を転戦しました。その時従軍した鋳物師が、山形市内を流れ
る馬見ヶ崎川の土質 が鋳物に最適であることを発見し、何人かがこの地に留まり
山形鋳物の始まりとなりました。
慶長年間、山形領主となった最上義光の庇護をうけ、銅町と命名し、鋳物産地
しての基礎 がつくられました。
山形鋳物が全国に宣伝されたのは、当時山形は修験道で知られた出羽三山へ
参詣人が一
夏一万にも及ぶという賑やかな門前町で、お土産として求めた仏具
用品はおびただしい数に
ぼりました。
こうして山形鋳物の名声は全国に広まりました。
昭和49年に伝統的工芸品として第一次に指定されております。