茶釜・鉄瓶の使い方

○ 最初お使いになるときは水を入れてしばらく沸かしてから水を捨ててください。
  2−3回水を取り替えながら 沸かしていただきますと内側がきれいになります
  のでそれからお召し上がりください。

○ 天然漆伝統技法で着色しておりますので内部外部とも洗剤、タワシなどで
  磨かないで下さい。また、油 などは塗らないで下さい。まだらになり取れなく
   なります。

○ 外側を拭くときは鉄瓶が熱い状態のときに熱いお湯でよく絞った布巾などで
   軽く拭いていただきますと落ち 着いた自然の艶が出てまいります。

○ ご使用になると内側の所々に赤い斑点が生じますが、これは鉄瓶独特の
   現象です。錆びたような状態に なってもお湯が透明で金気が無いときは
   ご使用にさしつかえございません。

○ 万一お湯が赤くなり金気が出るときは粉茶、煎茶を湯呑み茶碗一杯を
   茶巾にゆったり包み、2−3回位数時間 煮立ててください。茶渋が内側に
  付着しタンニン鉄となり、金気止めの効果があります。

 使用後、夜分お休みになる前、鉄瓶が熱を持っているうちに残りのお
   湯を捨てて蓋を取り、弱火で内部 を良く乾かし乾燥させてください。
   水の入れっぱなしは、金気の原因になりますので必ずお守りください。


○ ご使用後、内側に自然にできる淡黄色の湯垢は湯のうまみの元ですから
  そのままお使いください。

○ 内部底面にヘソの様な物が2〜3ありますが、これはケレンと称し制作上必
  ずできるものです。決して触ら ないでください。